愛媛県新型コロナウイルス感染症情報

公式Twitter @EhimeCorona

愛媛県記者会見

新型コロナウイルス感染症に関連する記者会見は、愛媛県と民放各社のYouTubeチャンネルでライブ配信されます。

愛媛県公式チャンネル

eat愛媛朝日テレビチャンネル

あいテレビ【公式】

テレビ愛媛【公式】

南海放送チャンネル

対処中事例

愛媛県内において感染が広がる可能性のある事例がどの程度あるのかを示します。

愛媛県では事例ごとの囲い込みと封じ込めを徹底して行っており、対処中事例数からも感染動向を確認することができます。

●公表日基準。
新規事例:当日に新たに発生した事例です。陽性(+)が確認された方との接触者を保健所が調査しています。多数の新規事例が連日発生する場合には市中感染が蔓延している可能性が考えられます。
調査中事例:陽性(+)が確認された方との接触者を保健所が調査しています。集団感染へと発展する可能性があるため注視する必要のある事例です。
囲い込み事例:陽性(+)が確認された方との接触者の特定と必要なPCR検査を終えました。陰性(-)が確認された方へは、2週間の自宅待機と健康観察をお願いしています。健康観察中に症状が現れた際には即時PCR検査を行います。
●封じ込め事例:全員の自宅待機と健康観察の期間を終え、安全が確認された事例です。当グラフには表示されません。

検査陽性者の状況

これまでに愛媛県で陽性が確認された方の現在の状態を示します。

入院患者が増えた(陽性者が多発した)時期や、退院が進んだ(医療機関の負荷が減少した)時期などを、一つのグラフで確認できます。
また、新たに確認される陽性者に注目が集まる傾向がありますが、社会復帰された方が多数を占めることも確認できます。

●公表日基準。

新規陽性者数

新たに陽性が確認された方の人数を示します。

土曜日と日曜日は休診の医療機関が多く、確認される陽性者が少ない傾向にあります。また、集団感染(クラスター)が発生した場合には、突出した数値が公表されることがあります。複数の移動平均グラフを重ねて表示することで、これらのばらつきを平準化し、全体の傾向を確認することができます。移動平均グラフが3本とも増加していれば感染拡大傾向、3本とも減少していれば縮小傾向と判断できます。

●公表日基準。
単日:当日公表された陽性者数。最も変動が大きい数値。
7日移動平均:休診の医療機関が多い土日のばらつきが平準化された数値。週ごとの状況を把握できる。
30日移動平均:大型連休などのばらつきが平準化された数値。月ごとの状況を把握できる。
90日移動平均:季節ごとの状況を把握できる。

新規陽性者数(年代別)

新たに陽性が確認された方の年代別人数を示します。

●公表日基準。
●年代が公表されていないものは含まない。
●このグラフは、集計期間などを調整中です。

新規陽性者数(推定される感染経路)

新たに陽性が確認された方の感染経路別人数を示します。

調査中の割合が高い場合は、市中感染が蔓延している可能性があります。

●公表日基準。
●集団感染発生や曜日による件数のばらつきにより日々の結果が変動するため、ばらつきを平準化し全体の傾向を見る趣旨から過去7日間の移動平均値で算出。
●このグラフは、集計期間などを調整中です。

新規陽性者数(無症状者)

新たに陽性が確認された方の症状の有無を示します。

無症状でも他人に感染させる可能性はあり、無症状者が増加すると市中感染が蔓延している可能性があります。

●公表日基準。
●集団感染発生や曜日による件数のばらつきにより日々の結果が変動するため、ばらつきを平準化し全体の傾向を見る趣旨から過去7日間の移動平均値で算出。
●このグラフは、集計期間などを調整中です。

入院患者数

医療機関に入院している人数の推移を示します。

●公表日基準。
●自宅療養や宿泊療養は含まない。

検査の陽性率(PCR・抗原)

●公表日基準。
●集団感染発生や曜日による件数のばらつきにより日々の結果が変動するため、ばらつきを平準化し全体の傾向を見る趣旨から過去7日間の移動平均値で算出。

新規陽性者数(居住地別)

●公表日基準。
松山市保健所管内:松山市
四国中央保健所管内:四国中央市
今治保健所管内:今治市・越智郡上島町
中予保健所管内:伊予市・東温市・上浮穴郡久万高原町・伊予郡松前町・伊予郡砥部町
宇和島保健所管内:宇和島市・北宇和郡松野町・北宇和郡鬼北町・南宇和郡愛南町
西条保健所管内:新居浜市・西条市
八幡浜保健所管内:八幡浜市・大洲市・西予市・喜多郡内子町・西宇和郡伊方町

えひめコロナお知らせネット

「えひめコロナお知らせネット」は、 不特定多数の方が参加・利用するイベントや施設・店舗等におけるクラスター対策として、スマホアプリのLINEを活用した愛媛県独自の接触確認システムです。

えひめコロナお知らせネット

コロナ専門家有志の会

政府対策本部の専門家会議や厚労省クラスター対策班等の関係者で組織された専門家の有志の会です。全世代のみなさまに拡散してほしいメッセージをお知らせしています。一人でも多くの方に私たちのメッセージが伝わり「秒で理解、秒で拡散」されるよう努めます。ともに困難を乗り越えましょう。

出典:コロナ専門家有志の会

コロナ専門家有志の会

シトラスリボンプロジェクト

コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトです。 愛媛特産の柑橘にちなみ、シトラス色のリボンや専用ロゴを身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動を広めています。 ボンやロゴで表現する3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)です。
「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちなら、安心して検査を受けることができ、ひいては感染拡大を防ぐことにつながります。 また、感染者への差別や偏見が広がることで生まれる弊害も防ぐことができます。感染者が「出た」「出ない」ということ自体よりも、感染が確認された“その後”に的確な対応ができるかどうかで、その地域のイメージが左右されると、考えます。 コロナ禍のなかに居ても居なくても、みんなが心から暮らしやすいまちを今こそ。 コロナ禍の“その後”も見すえ、暮らしやすい社会をめざしませんか?

出典:シトラスリボンプロジェクト

シトラスリボンプロジェクト(ちょびっと19+)